自分から売りに出す

house

任意売却物件を専門に取り扱う業者が増えてきたため、債権者の為すがままになって自宅を競売されてしまうケースが少しずつ減ってきました。任意売却であれば、有利な条件で問題解決を図れるようになります。

詳しくはこちら

任意売却の方法を知る

money

任意売却業者が提供しているサービスは、不動産売買の仲介サービスと不動産買取サービスの2種類に分けることができます。仲介サービスを利用した場合にかかる料金は売却価格の約3%です。買取サービスの方は料金が一切かかりません。

詳しくはこちら

イチオシリンク集

  • Another Sky

    旅をもっと満喫したいなら、宿泊先にもこだわりをもって選ぶといいですよ。石垣島の貸別荘を手に入れましょう!

不動産を手放すなら

不動産

住宅ローン残債がある不動産でも、任意売却専門業者を利用すれば売却できる可能性が出てきます。住宅ローンが完済されていない物件の抵当権を抹消してもらうことはできませんが、任意売却業者に頼めば抵当権破棄の可能性が高いです。

詳しくはこちら

競売よりも任意売却

office

保有する不動産のローン返済が困難になり、一定期間支払いが滞ると残債を一括請求されるようになります。そしてそれを支払うことができなければ、不動産は差し押さえとなり競売によって処分されます。それを避けるために行うのが任意売却です。 元々は、競売による立ち退き拒否などのトラブルが相次いだことにより、買い手が安心して購入できるようにと、債務者との話し合いで売却する形となったのが任意売却です。買い手はリスクを回避し、債務者は競売よりも高値で売ることでローン残債を少しでも減らすことができることになります。そして現在は一般の仲介業者がこの任意売却を扱うようになってきています。積み重ねた売却の経験を活かして、より良い条件で処分することができるようになったわけです。

このように一般の仲介業者に依頼することにより、任意売却での売却価格は周辺相場とほとんど変わらない金額となってきています。差し押さえまでの期限に不動産の買い手を探さなければならないわけですが、それほど売却価格を下げることなく成約へと結びつけることができるわけです。 もちろんそのためには、債権者が審査をして承諾を得ることができる不動産仲介業者に依頼することになります。また、そこで特別に費用が発生するわけではなく、あくまでも通常の売却という形で活動することになりますし、成約時には通常と同じ仲介手数料を支払うのみとなります。そのために、債務者にとってはかなり有利な条件で処分することができるようになってきています。