任意売却の方法を知る

仲介と買取があります

money

自宅を競売にかけられてしまう場合に比べれば、任意売却した方がはるかに高い値段で自宅を手放すことができるようになります。本当は自宅を手放したくないというのが正直なところでしょうが、住宅ローンの返済を続けていくことができないのであれば仕方ありません。しかし、競売の場合だと、市場価格よりもはるかに安い値段で買い手がついてしまう可能性があります。あまりに落札価格が安いと、自宅を失った上に多額の債務を背負い込み続けることになりますので、その後の生活再建計画を立てることができません。でも、任意売却であれば競売よりもずっと高値で売れる可能性がありますので、債務額を減らすことができます。最近は、任意売却専門業者の数が増えたため、実際に多くの人が利用しています。ただし、任意売却業者が提供しているサービスは、不動産売買の仲介と不動産買取の2種類に分かれていますので、自分が置かれている状況に合ったサービスを選んで利用する必要があります。

利用時の料金について

任意売却業者が提供しているサービスは、先程述べた通り2種類あります。実は、どちらのサービスを利用するかによってかかる料金が全く変わってきます。不動産の仲介業務を依頼した場合ですと、無事に売買契約が成約に至った際に、売却代金の約3%の仲介手数料を請求されることになります。売却代金の3%といえば決して安い金額ではありませんが、これよりも安い料金で媒介契約を結ぶこともできます。また、販売活動をするためにかかった実費を請求されることはありません。ちなみに、不動産を売ることができなかった場合には、1円も料金が発生しないことになっています。一方、不動産買取を頼んだ場合は、任意売却業者自身が契約当事者になりますので、手数料のようなものは一切かからないことになります。