自分から売りに出す

任意売却の増加について

house

最近、住宅ローンが残っている不動産を任意売却する人が多くなってきました。少し前までは、住宅ローンの返済をすることができなくなってしまった人は、まな板の上の鯉よろしく、債権者の為すがままにされてしまうケースが大半でした。何度か返済を怠っていると、まず抵当権に基づく差し押さえ登記がなされます。差し押さえ登記がなされた後の処分行為は抵当権者に対抗することができないことになっていますので、この段階で実質的に不動産を売却することができなくなってしまいます。その後は競売に付されるというお決まりのルートをたどることになりますので、マイホームを確実に失ってしまいます。でも、近年になって、任意売却の専門業者が登場してくるようになり、競売を回避して任意売却で問題解決を図ろうとする人が増えてきました。

業者の利用について

街中で営業している普通の不動産業者の元へ任意売却の相談を持ち込んだとしても、まず対応してもらうことができません。任意売却を可能にするためには、まず抵当権の問題を債権者と話し合う必要があるのですが、普通の不動産業者は日頃そのような物件を取り扱っていませんので、債権者との交渉ノウハウを有していません。依頼を引き受けても無駄骨を折ってしまうだけのことになる可能性が高いので、まず引き受けてもらうことができません。ですので、任意売却物件を専門に取り扱っている業者に相談する必要があります。そのような業者を1軒も知らないという人が多いですが、インターネットで検索すれば、比較的簡単に良い任意売却業者を見つけ出すことができます。